滴水會舘の理念


人命尊重人格形成文武両道世界平和

2014年12月、私は40年間共に汗を流し、共に歩んできた門下生たちの総意のもとに日本傳少林寺流全日本滴水會舘空手道連盟を設立。 設立の最大の理由は開かれた少林寺流空手道の推進であった。 型・組手は車の両輪、鳥の両翼であることから、青少年期よりバランスの良い指導のもとに「冷暖自知」を目指し、 なおかつ守破離の精神によって常に先達より心技気を受け継ぎ更に高い次元に発展、 成長に進歩させることを目指した空手道でありたいと願ったところにある。 私は連盟の会長として、又、道場の宗師範として指導理念に4つの徳目「人命尊重」「人格形成」「文武両道」「世界平和」を掲げました。 空手指導を通じて社会が求める人間性豊かな人材の育成、日本の伝統・文化、そして礼節を重んじた文武両道の実践、 国際感覚を身に付けた社会のリーダーとなる人づくりを推進します。 数多く存在する空手の一会派である滴水會舘は人命尊重を最大の柱とした安全性・武道性の見地より組手は防具付組手試合を実践し、 その技法の正当性を社会に問い続け、社会的信用を得ることで将来、柔道・剣道と同じレベルに立ち、 日本の代表的武道として肩を並べていくことを目標とする。 型においては明治・大正・昭和の拳聖とうたわれた伝説の流祖喜屋武朝徳先生が伝えた七つの型を繰り返しの鍛錬によって修得することで 「青少年育成」「人格形成」という空手道の究極の目標である精神性を深めることを目指す。 加えて空手道の心を示す先人達の教え・訓辞・言行録を学び、暴力や争い、苛めを否定する高い道徳律、 そして人命に対する畏敬の念を身に備え、人間永遠のテーマである世界平和を子供達に伝えていく。 以上の理念の達成により、防具付組手試合を実践する流派・会派・個人道場が話し合いのもと小異を捨てて大同団結し、 将来国民体育大会、アジア大会、オリンピックという明確なる目標を定め、 武道空手・健康空手と協調しつつスポーツ空手競技として体育協会への加盟を目指し活動を拡大させていくことにある。

宗師 松尾一道
a

滴水會舘の教え


道場訓

道場訓

誓願

誓願

修行訓

修行訓

滴水會舘「組織体制」


全国の支部、道場の紹介

日本傳少林寺流全日本滴水會舘空手道総本山

本部

総本部

岡山地区本部

総社地区本部

支部

岡山支部

旭川支部

大福支部

加茂川支部

稲荷支部

建部支部

灘崎支部

御南支部

倉敷支部

岡南支部

三門支部

吉備津支部

香川支部

道場

千葉・前原海岸道場

総社東道場

総社中央道場

宗蓮寺道場

さぬき道場

丸亀道場

空海道場

玉島道場

米子道場

国分寺道場

海外

インド
インド総本部

インド
ナグプール市本部

インド
ナグプール地区本部

インド
ムンバイ本部

インド
コーカン地区本部

インド
ケララ本部

インド
南カルナータカ本部

フィンランド
フィンランド本部

プエルトリコ
プエルトリコ本部

ハンガリー
ブダベスト道場

ドイツ
北欧山・アッセンドルフ道場

ドイツ
南ドイツ・シュトゥットガルト道場

道場の紹介

各道場の情報は下記PDFをご覧ください

入会申込書

滴水會舘「執行機関」


執行部の紹介

常任理事会

会長
松尾 一道

副会長
長曽 忠男

理事長
難波 学也

専務理事
甲斐 智一

会計理事
松尾 奈々里

渉外理事
高田 政明

広報理事
能勢 孝志

理事会
16名

如月ブロック

松尾 奈々里

福島 美幸

古澤 みゆき

吉備の国ブロック

難波 学也

秋山 正

難波 梨恵

桃太郎ブロック

長曽 忠男

甲斐 智一

太田 明伸

薫風ブロック

高田 政明

能勢 孝志

長尾 和正

四国ブロック

大川 愛

木村 修二

バックヤード

小柴 聡子(事務局)

森脇 康博(書記)

総会
一般有段者 約100名

お問い合わせ


本部住所

滴水會舘「てきすいかいかん」

〒700-0953
岡山県岡山市南区西市438-2

JAPAN

お問合わせ

Email : info@tekisuikaikan.com

Tel : 086-246-4418

Fax : 086-244-5087

防具付全日本空手道連盟

防具付全日本空手道連盟

詳しくはこちら